アクタスについて

課題から探す

事業承継コンサルティング

  • 同族会社の株式に対する株価引下げや相続時精算課税制度の活用などの承継策に関する適切なアドバイスを提供します。
  • 後継者問題や組織、ビジネスの再構築といった企業継続のための重要な問題に、経営者の立場で真正面から取り組みます。
  • 事業承継の問題は、相続税や贈与税などの税法や民法、会社法などが複合的に絡むため、専門的な知識を結集し解決にあたります。
 

事業承継アドバイザリー業務

「経営の承継」と「財産の承継」の両面から
事業の永続的発展を目指す企業を支援

事業承継には複雑な問題が数多く内在していますが、それらは「経営の承継」と「財産の承継」に大別され、 一方だけを解決しても事業承継は成し得ません。 また、これらの問題の本質は全て、会社が輝き続ける存在になれるかどうかに懸かっていると言えるでしょう。 まずは企業価値を高め、人を育て、魅力ある会社にすること、それが事業承継に先立ち、経営者がしっかりと取り組むべき課題だと考えます。

その上で、二つの大きな問題を同時並行的に解決していくこととなります。 「経営の承継」は、「後継者の選定」「組織の再構築」「ビジネスの再構築」に集約されます。 いずれもビジネスの本質に関わる問題であり、これらの問題解決が事業存続の大前提と言えるでしょう。 アクタスが最善の解決策をご提案します。

「財産の承継」は、「自社株の承継」「財産の承継」「権利関係の承継」に集約されます。 これらの問題解決には民法や税法の知識が不可欠であり、制度をうまく活用することが成否の鍵を握ります。 多くの経験や実績に基づいてアクタスが万全のご支援をします。 アクタスは、事業そのものが永続していくことを目指して、事業承継コンサルティングをご提供します。

成功事例

加藤幸人画像

事業承継における初期の場面においては、 何が解決すべき問題なのかすら見えていないケースもよくあります。 業績好調ながら、後継者がなかなか定まらない旅館業のお客様に対し、 問題の所在を明確にしつつ、共に問題解決に取り組みました。

後継者の選定

事業承継の起点は後継者選びです。また、事業承継においては“時間”がとても大事であり、 時間を空費することによって大きな損失を被る可能性があります。 後継者の選定をいたずらに引き延ばしていた社長に対し、まずは決めることの重要性を説き、事業承継をスタートさせました。

後継者の育成

後継者として選ばれた社長の甥に対し、月次経営会議を通じて、 計数面はもとより会社経営全般についての議論を重ねる機会を持ちました。 当初は消極的だった後継者も時間をかけることによって、経営者としての思考を身に付けるに至り、 会議での鋭い発言も目立つようになりました。

株式の集約

甥は社長の相続人でないため、相続によって自動的に会社の株式を取得することはできません。 しかし、中小企業においては株式を経営者に集約させることが鉄則です。 そこで、株式を含む社長の個人財産を全て洗い出し、親族が後々相続する財産と後継者が取得する株式のバランスを検討。 その結果、資産の組換えと遺言を提案し、実行しました。

株価対策

業績好調な会社が株式の集約を行う上で最も大きな障壁になるのは高い株価です。 贈与であれ譲渡であれ、株式を移動させる際には多額の税金が生ずるからです。 計画的な株価の引下げと効率的な資金調達を提案することによって、税コストを最大限減らした株式の移動を実現しました。

お問い合わせ / ご相談はこちら

0120-459-480

平日10:00~18:00

▶ メールのお問い合わせ



pagetop