アクタスについて

課題から探す

賃金・評価コンサルティング

  • 適正評価や適正賃金、社員のモチベーション向上を喚起する賃金評価制度を提案し、会社全体のパフォーマンス向上に貢献します。
  • 定期的にミーティングを実施し、コンプライアンスを土台にした適正な人事制度の作成、見直しをサポートいたします。
 

賃金・評価コンサルティング

コンプライアンスを土台にし
モチベーション喚起につながる
適正な人事制度の構築を支援

アクタスの賃金・評価コンサルティングは、在りものではなく、
その会社に最もマッチする人事制度をオーダーメイドで提案します。経営トップの方針を制度の 骨子としながら、現場の実態に合うものを、議論を重ねながら形成していきます。

通常は、最初に経営者や基幹社員に対してインタビューを実施し、現状の課題を見える化し、
①コンプライアンス上はどうするべきか
②社員のモチベーションを高めるにはどうするべきか
の方向性を見出します。

そのうえで、キャリアパス、人事評価、賃金の流れで人事制度の詳細を 設計していきます。最終的には、人事制度作成・見直しに伴う就業規則の改訂を行います。

成功事例

宮川さん画像

創業40年、社員550人を抱える製造業のX社様は、
人事制度の運用に苦慮していました。
初めて人事部長様にお話しを伺った際は、
「制度はあるけど、運用でつまづいている。時代と法令にマッチした現実的な人事制度へ変革したい」と
熱く語っておられました。そして、アクタスは以下の4つの指標をキーとしながら、賃金・評価コンサルティングを提供し、 現在、X社様では新しい人事制度が運用されています。


役割をベースにした人事処遇体系とし、若手の抜擢も実現する制度

これまでは社員の保有能力に応じて昇給や昇格などが決まる制度で、 年功的な運用になりがちでした。新制度では、「能力は仕事で発揮してこそ評価に値する」との発想にたち、 職責と権限等の役割に応じて処遇が決まるメリハリある制度へ見直しました。

キャリアパスを描き、社員が自らの将来像をイメージできる制度

将来のキャリアは社員にとっての最大の関心事の一つであるため、現在の組織図をベースとしながら、 想定され得るキャリアルートを明確にするとともに、どうすれば上位のポジションへ昇格できるかを明確にしました。

未来へ向けて育成につながる人事評価基準を設け、処遇の納得性を高める制度

①中長期的な人材育成につながり、②職種ごとに複数ある現場で現実に使える評価基準を目指しました。 そのため、各部門長の協力を得て、現在の人事評価シートの課題を洗い出し、2つの目的を適える人事評価シートへ見直しました。

労働法令に準拠し、コンプライアンスを実現する制度

サービス残業や名ばかり管理職の問題が生じないよう、キャリアパスにおいて管理職と非管理職の区分を明確にし、賃金体系や賃金テーブルを見直しました。

お問い合わせ / ご相談はこちら

0120-459-480

平日10:00~18:00

▶ メールのお問い合わせ



pagetop