アクタスについて

セミナー詳細

相続対策に必須!「税理士が知っておきたい遺言の基礎知識と活用方法」

 近年の終活ブーム等に伴い相続問題の世間的な関心が高まっており、その中でも争族にならないための相続対策として遺言の活用は必ず検討しなければいけない内容の一つです。事実、日本公証人連合会が公表している遺言公正証書作成件数は平成20年では76,436件でしたが、その後ほぼ毎年増加の一途をたどり、平成29年においては110,191件と1.5倍弱まで作成件数が伸びています。そのような中、税理士として相続に関するアドバイスを求められる機会も増え、さらに税金対策も合わせて行うとなると、遺言の知識はこれから必須となります。
 そこでこのセミナーにおいては、遺言の基本的な内容等から作成までの流れ、民法改正による遺言制度の見直しによる影響なども合わせてお伝えし、全体の理解を深めてもらいたいと思います。
 

中島 朋之

【日程】 2019年2月12日(火) 13:30~16:30
【講師】 アクタス税理士法人
パートナー 税理士 行政書士 CFP  中島 朋之
【会場】 AP西新宿A室(住所:新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル5F)
アクセスマップ別窓でリンクします
【主催】 株式会社 日税ビジネスサービス
【受講料】 会場受講:会員 6,000円(税込)/一般 9,000円(税込)

セミナーの内容


  1. 遺言が無い場合の具体的な事例
  2. 相続に関する取り扱いの概要
  3. 遺言の種類と概要
  4. 改正民法の概要と自筆証書遺言の活用
  5. 配偶者居住権
  6. 遺言の作成手順
  7. 遺言作成にあたり注意すべき論点
  8. ケーススタディ

▶  このセミナーの募集は
締め切りました



pagetop