アクタスについて

お役立ち情報(人事労務)

労働保険料の口座振替について

2017年7月5日

 労働保険料は例年7月10日までに申告・納付が必要とされています。労働保険料の納付は、納付書による納付、インターネットバンキング等を利用して納付、口座振替により納付、のいずれかの方法で行います。今回はこのうち口座振替についてご紹介いたします。

 口座振替のメリットとして、金融機関に出向く手間や待ち時間が解消され、納付忘れや遅延の心配がなく、さらに保険料の納期限もゆとりができます。また、引落とし日の約3週間前には引落とし内容に関する案内が届き、引落とし後も約3週間で結果が届きますので確認漏れの心配もありません。この申込みに必要な申込用紙は次のURLからダウンロードできます。

 なお、申込み時期により、口座振替の開始時期が異なるため注意が必要です。申込締切日と振替タイミングは以下のリーフレットをご確認ください。

 会社の管理部門は、この時期、社会保険の算定基礎届の提出業務にも対応しなければならず、非常に忙しくしていることが多いと思います。口座振替制度を活用し、煩雑な納付作業を効率化していきましょう。



pagetop