アクタスについて

お役立ち情報(公会計)

【財務書類作成】(4)財務書類とは

2016年9月6日

 統一的な基準における財務書類とは(1)貸借対照表、(2)行政コスト計算書、(3)純資産変動計算書、(4)資金収支計算書の4表があり、複式簿記・発生主義会計を採用することで、現金取引のみならず、すべてのフロー情報(期中の収益費用等)及びストック情報(資産負債等の残高)を網羅的かつ誘導的に記録・表示するものです。
 財務書類を作成する目的は、住民や地方公共団体の内部者などの情報利用者に対して、意思決定に有用な情報をわかりやく開示することによる説明責任の履行と、資産・債務管理や予算編成、行政評価等に有効に活用することで、マネジメントを強化し、財政の効率化・適正化を図ることにあります。

 Actus Newsletter 地方公会計版の第4号で、財務書類についてご説明いたします。


※画像をクリックするとPDFでご覧いただけます



pagetop